ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 政策統括官(労働担当)が実施する検討会等 > 労使関係法研究会 > 第1回労使関係法研究会の開催について




公開

頭撮り可

平成22年11月25日

政策統括官付労政担当参事官室

法規第三係 麻那古(まなご)・横山

(内線) 7753

(代表番号) 03(5253)1111


第1回労使関係法研究会の開催について

 経済社会の変化に伴い、集団的労使関係法上も新たな課題が生じてきており、労使関係の安定を図る観点から、
学識経験者による労使関係法研究会を開催し、今後の集団的労使関係のあり方について検討を行います。

 近年、労働者の働き方が多様化する中で、業務委託、独立事業者といった契約形態下にある者が増えており、
労働組合法上の労働者性の判断が困難な事例も見受けられます。最近では、これらの者の労働組合法上の労働者性について、
中労委の命令と裁判所(下級審)の判決で異なる結論が示されたものもあります。

 このため、本研究会では、当面、労働組合法上の労働者性について検討を行い、報告書をとりまとめることを予定しています(別添参照)。
 開催日程は以下のとおりです。 

1.日時

平成22年11月30日(火) 10:00〜12:00


2.場所

厚生労働省 共用第7会議室(合同庁舎5号館5階)
地図


3.議題

1)労働組合法上の労働者性について

2)その他


5.募集要項

○傍聴を希望される方は、以下の内容を別添の傍聴申込書に記載の上、メールにてdolr-roushi@mhlw.go.jpまでお送りください。
会場設営の関係上、予めご連絡いただきますようお願いいたします。


・氏名
・フリガナ
・勤務先又は所属団体
・電話番号
・FAX番号
・メールアドレス

○お申込み締切  平成22年11月29日(月)17:00まで

○希望者多数の場合は、先着順とさせていただきますので、御了承ください。  

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


傍聴される皆様への注意事項

労使関係法研究会の傍聴に当たっては、次の注意事項を遵守して下さい。
これらを守っていただけない場合は退場していただくことがあります。

1.事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。

2.携帯電話・ポケットベル等は音が鳴らないようマナーモードに設定の上、傍聴してください。

3.写真撮影やビデオカメラ・テープレコーダー等の使用は、事務局の指示で行ってください。なお、写真撮影は冒頭のみ可とします。

4.静粛を旨とし、意見聴取の妨害になるような行為は慎んでください。

5.意見聴取における言論に対し賛否を表明し、又は拍手をすることはできません。

6.会議開始後は、新聞又は書籍の類を閲覧することは御遠慮ください。

7.会場での飲食及び喫煙は御遠慮ください。

8.銃器その他の危険なものを持っている方、酒気を帯びている方、その他秩序を乱す恐れがあると認められる方の傍聴はお断りいたします。

9.その他、事務局職員の指示に従うようお願いします。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 政策統括官(労働担当)が実施する検討会等 > 労使関係法研究会 > 第1回労使関係法研究会の開催について

ページの先頭へ戻る