ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 健康局が実施する検討会等 > がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会 > がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会報告書について




健康局がん対策・健康増進課

 課長補佐 宮田(4605)

 課長補佐 長坂(3827)

(代表番号) 03−5253−1111

  がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会報告書について

 本年2月に設置された「がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会」(座長:堀田知光 独立行政法人国立がん研究センター 理事長)において、がん対策推進基本計画に基づき、がん患者・経験者の就労支援のあり方について検討を行い、『報告書(「らしく、働く」〜仕事と治療の調和に向けて〜)』をとりまとめました。

 本報告書では、がん患者・経験者の就労において、課題・ニーズを明確にし、それぞれに対する、1.がん患者・経験者とその家族、2.がん診療連携拠点病院、3.がん患者・経験者を雇用する企業、4.ハローワーク等雇用・労働関係機関の取組について、有識者の意見を踏まえ取りまとめています。

 今後、本報告書を踏まえつつ、がん患者・経験者が仕事と治療を調和するための取組を進め、病気になっても安心して暮らせる社会の構築につなげていくことが期待されます。


厚生労働省 健康局
         労働基準局
         職業安定局

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 健康局が実施する検討会等 > がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会 > がん患者・経験者の就労支援のあり方に関する検討会報告書について

ページの先頭へ戻る