ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 障害保健福祉部が実施する検討会等 > 障害児支援の在り方に関する検討会 > 「今後の障害児支援の在り方について(報告書)〜「発達支援」が必要な子どもの支援はどうあるべきか〜」の取りまとめについて




平成26年7月16日

(照会先)

障害保健福祉部障害福祉課障害児・発達障害者支援室障害児支援係

室長補佐 川島  均(内線:3032)

係   長 中西 琢也(内線:3037)

(電話・代表) 03(5253)1111

(電話・直通) 03(3595)2608

「今後の障害児支援の在り方について(報告書)〜「発達支援」が必要な子どもの支援はどうあるべきか〜」の取りまとめについて

 厚生労働省の「障害児支援の在り方に関する検討会」(座長:柏女霊峰淑徳大学総合福祉学部教授)は、平成24年4月施行の改正児童福祉法等による障害児支援の体系の再編・一元化後の施行の状況や子ども・子育て支援法の施行等を踏まえて、今後の障害児支援の在り方について、本年1月から検討を行ってきたところです。
 この度、同検討会において、別添のとおり報告書が取りまとめられましたので、公表いたします。
 今後、この報告書で示された方向性を踏まえ、平成27年度の報酬改定や障害者総合支援法の施行3年後の見直しに併せて行う制度の見直しに向けて、障害児支援の充実について具体的な検討を行う予定です。

○報告書

報告書概要

報告書

○参考

各団体からの意見書

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 障害保健福祉部が実施する検討会等 > 障害児支援の在り方に関する検討会 > 「今後の障害児支援の在り方について(報告書)〜「発達支援」が必要な子どもの支援はどうあるべきか〜」の取りまとめについて

ページの先頭へ戻る