ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 医政局が実施する検討会等 > 革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話 > 第2回革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話議事概要(2014年4月14日)




2014年4月14日 第2回革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話議事概要

医政局経済課

○日時

平成26年4月14日


○場所

厚生労働省省議室(9階)


○出席者

(1)産業側

内藤 晴夫 (日本製薬団体連合会会長)
手代木 功 (日本製薬工業協会会長)
トニー・アルバレズ   (米国研究製薬工業協会在日執行委員会委員長)
ジェズ・モールディング (欧州製薬団体連合会会長)
中尾 浩治 (日本医療機器産業連合会会長)
小松 研一 (日本医療機器産業連合会副会長)
島田 隆  (米国医療機器・IVD工業会会長)

(2)行政側

田村 憲久 (厚生労働大臣)[主催]
山本 一太 (内閣府特命担当大臣[科学技術政策担当])
西村 康稔 (内閣府副大臣)
松島 みどり(経済産業副大臣)
赤石 清美 (厚生労働大臣政務官)
冨岡 勉  (文部科学大臣政務官)

○議題

健康・医療関連施策の推進について

○議事

 冒頭、事務局からの出席者紹介の後、各府省出席者よりご挨拶。産業界から説明を行った後、意見交換が行われた。

<医薬品産業について>

○医薬品産業界からは、「創薬立国日本」の実現に向け、以下の意見が述べられた。

  ・イノベーションサイクルを好循環に導く新薬創出等加算の制度化 
   ・創薬環境の整備
  ・イノベーションによる経済成長のあり方

  ・研究開発税制の拡充

<医療機器産業について>

○医療機器産業界からは、「健康・医療戦略」の実現に向けて、以下の意見が述べられた。

  ・製品開発環境の整備・充実、産業の活性化

  ・イノベーション人材の育成

  ・医療用ソフトウェアのルール整備、 ICT 活用の促進

  ・適度な国内規制の必要性

<その他>

○国際競争力強化と海外展開の活性化、海外からの日本市場の評価、外資系企業から見た日本の研 
  究環境の優位性、研究倫理における課題等について議論がなされた。


<照会先>

医政局経済課

課長補佐 谷: (内2524)
企画係 寺田: (内2527)

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 医政局が実施する検討会等 > 革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話 > 第2回革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話議事概要(2014年4月14日)

ページの先頭へ戻る