ホーム > あさコラム vol.26

あさコラム vol.26
感染症エクスプレス@厚労省 2016年10月21日

舞子Villa Beach

 こんにちは、厚生労働省健康局結核感染症課長の浅沼一成です。

 国立感染症研究所によりますと、マイコプラズマ肺炎の1週間当たりの患者
報告数が、感染症法に基づく1999年の調査開始以降で過去最多レベルになっ
ています。
 マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという病原体を原因とする呼吸器
感染症。
 飛沫感染や接触感染などで広がり、重症肺炎になるケースも。
 また、中耳炎や溶血性貧血、無菌性髄膜炎、脳炎、肝炎などを合併するこ
ともあります。
 かつては4年周期でオリンピック開催年に大きな流行を繰り返してきたこと
から「オリンピック病」と呼ばれていましたが、まさに今年はリオデジャネ
イロオリンピックの年。
 このジンクスは復活したということなのでしょうか?
 手洗い、うがい、マスクの着用、早期の受診など、ぜひ予防に心がけたい
ものです。

 かくいう私も、実は今から26年前の春、このマイコプラズマ肺炎に罹患
しました。
 最初は風邪を引いたのかな?程度に思っていたところ、段々と体調が悪く
なり、近医を受診。
 いわゆる風邪薬を処方していただき、様子を見ていたところ、体調は戻る
どころかますます悪化。
 熱と咳が出て、呼吸は苦しくなるばかり。
 再度受診し、胸部X線写真を撮ったところ、肺は両側とも真っ白け。
 「これはいったい何なのだろう?」と、できの悪い医学生だった私が出し
た結論は「マイコプラズマ肺炎」でした。

 「う〜ん、全く良くならないねぇ…」と心配してくれた内科の先生に
 「先生、もしかしてマイコプラズマ肺炎なんじゃないですかねぇ?」とお
そるおそる尋ねると、
 「そうかなぁ?じゃ、処方を変えてみようか!」と、頂いたお薬が、今で
も忘れはしない「ジョサマイシン」。
 マクロライド系の抗生物質です。

 藁をもすがる思いでジョサマイシンを服薬しはじめると、あら不思議!
 服用2日目にも関わらず、体調が一気に改善。
 その後はみるみる回復し、1週間後の再診時にはすっかり元気になりまし
た。

 「君、大当たりだよ!」
 前回受診時に採血した血液検査データを先生から見せてもらうと、マイコ
プラズマの抗体価がびっくりするほど高力価を示していました。
 おお!これぞまさに診断学的治療だなぁと自己満足し、足取り軽く帰宅の
途につきました。
 やはり、精度の高い診断と適切な治療が重要ですね。

 この年の秋、時の人気ミュージシャン・大江千里さんが「Apollo」という
CDアルバムを発売しました。
 その中の一曲、「舞子Villa Beach」という曲を聴く度に、「舞子Villa
Beach♪」というフレーズが、なぜか「マイコプラズマ」と聞こえる空耳アワ
ー状態になったとかならなかったとか。
 この曲を聴きながら、医師国家試験の勉強に励んだことも、マイコプラズ
マの思い出です。
 ※ちなみに、舞子とは女性の名前ではなく、兵庫県神戸市垂水区にある瀬
戸内海に面する素敵な海辺です。 

 そういえば第3回神戸マラソンに出場した時も、折り返し地点だったこの
舞子の地を走り抜けた時、頭の中になぜか「マイコプラズマ」が思い浮かび
ました。
 こんなマイコプラズマですから、きっと一生忘れませんね。


マイコプラズマ肺炎の1週間当たりの患者報告数が、感染症法に基づく1999年の調査開始以降で過去最多レベルに。

「感染症エクスプレス@厚労省」は、主に医療従事者の皆さまに向け、通知・事務連絡などの感染症情報を直接ご提供するメールマガジンです。
本コラムは、「感染症エクスプレス@厚労省」に掲載しております健康局結核感染症課長によるコラムです。
「感染症エクスプレス@厚労省」への登録(無料)
本コラムの感想、ご質問、ご要望など
コラム バックナンバー

ホーム > あさコラム vol.26

ページの先頭へ戻る