ホーム > あさコラム vol.33

あさコラム vol.33
感染症エクスプレス@厚労省 2016年12月9日

哀しみ本線日本海

 こんにちは、厚生労働省健康局結核感染症課長の浅沼一成です。

 去る12月3日、4日、10年目を迎えた日中韓保健大臣会合が韓国釜山市で開
催されました。
 塩崎恭久厚生労働大臣が会合に出席し、感染症拡大防止のため検疫での協
力を強化していくことやAMR(薬剤耐性)対策の推進などを明記した共同声明
を採択しました。
 新型インフルエンザをはじめとする新興・再興感染症対策やAMR対策に、隣
接する3カ国が連携を図りながら取り組んでいくことは大変重要です。
 今後とも3カ国連携の強化を進め、3カ国の健康の増進、ひいてはアジアや
世界の健康のために協力していきます。

 また、国内に目を向けると、季節性インフルエンザの流行、各地における
野鳥での高病原性鳥インフルエンザA(H5N6)の感染確認と、今週もインフルエ
ンザに注目しています。
 一方、梅毒の急増には危機感を募らせるとともに、日本リザルツさんから
の依頼を受けてスナノミ症予防の提言をしたりと、慌ただしい師走の日々を
送っております。

 そんな中、北海道の北西部を走るJR留萌線のうち、留萌−増毛間が12月4日
に最後の運行を終え、大正10年(1921年)の開業から95年間の歴史に幕を下
ろしました。
 留萌から日本海に沿って南下し、故高倉健さん主演の昭和56年(1981年)
の映画「駅 STATION」のロケ地となった増毛駅までの16.7キロ。
 映画では、八代亜紀さんの名曲「舟唄」が流れる中、高倉健さんと倍賞千
恵子さんのシーンは、グッと心に刺さります。
 かつては、日本海のニシン漁で栄えた増毛ですが、過疎化や車社会の影響
などで乗客は激減し、赤字を抱えるJR北海道が地元との調整を行い、同区間
の廃線を決めました。
 廃線フィーバーもあり、撮り鉄はもとより、最終列車には定員の2倍の300人
以上が乗車するという過熱ぶりが、東京でも大きなニュースとなっていました。

 さて、日本海といえば、実は日本海と名がつく寄生虫症があります。
 それは「日本海裂頭条虫症」。
 東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生が、腸内に飼育しているという
寄生虫です。

 条虫はその様相から、戦国武将・真田信繁(幸村)と縁がある平らな紐の
「真田紐」に似ていることから、「サナダムシ」と総称されますが、日本海
裂頭条虫もそのひとつ。
 虫卵からコラキジウム(幼虫)に発育し、それが第1中間宿主であるケン
ミジンコに摂食されると、ケンミジンコでプロセルコイド(前擬尾虫)に発育
します。
 これを摂取したサケやサクラマス、カラフトマスなどが第2中間宿主となり、
さらに、これらの魚肉を食したヒトに感染すると、ヒトの消化器内で体長5〜10m
に達する大型の条虫と成長します。
 しかし、症状は軽く、具体的には下痢、便秘や腹部膨満感などで、自覚症状
がない場合もあります。
 そのため、条虫が排便時に自然に排出されたことで、感染に気づくことも多
いとのこと。
 また、感染期間は数年から20年以上と幅広いのも特徴です。

 ところで、広節裂頭条虫と日本海裂頭条虫の違いは、ご存じですか?
 日本における近代寄生虫学の祖・東京帝国大学教授(当時)の飯島魁先生の
実験調査などにより、わが国でもサケやマスの生食で広節裂頭条虫に感染する
と考えられていました。
 しかし、昭和61年(1986年)、島根医科大学教授(当時)の山根洋右先生が、
フィンランドの広節裂頭条虫との比較共同研究の結果により、わが国の条虫は
独立の新種であると提唱。
 「日本海裂頭条虫」と命名されました。

 時代が平成に入ると、寄生虫考古学の研究が開始され、古代遺跡の便所遺構
から日本海裂頭条虫卵が続々と発見。
 少なくとも1300年前から、わが国に日本海裂頭条虫が存在していたことが明
らかにされました。

 日本海裂頭条虫の感染予防には、サケやマスは生食を避け、焼いたり煮たり
して食べる、あるいは一旦冷凍(−20℃ぐらい)してから食するのが良いそう
です。
 ちなみに、北海道には「ルイベ」という、冷凍保存したサケやマスを凍った
ままで味わう郷土料理がありますが、冷凍することで条虫やアニサキスが死滅
し、その感染予防となっています。
 北海道ならではの「知恵の料理」ですね。

 冬の夜は、やっぱり美味しい魚とお酒と演歌です。
 私も「舟唄」は大好きですが、北海道の鉄道廃線、日本海、魚の寄生虫とい
う今回のコラムの流れだと、歌は森昌子さんの「哀しみ本線日本海」。
 この歌を聴きながら、美味しい魚と燗を付けたお酒で、日頃の疲れを癒やし
たいと思います。

「感染症エクスプレス@厚労省」は、主に医療従事者の皆さまに向け、通知・事務連絡などの感染症情報を直接ご提供するメールマガジンです。
本コラムは、「感染症エクスプレス@厚労省」に掲載しております健康局結核感染症課長によるコラムです。
「感染症エクスプレス@厚労省」への登録(無料)
本コラムの感想、ご質問、ご要望など
コラム バックナンバー

ホーム > あさコラム vol.33

ページの先頭へ戻る