ホーム > 介護職員資質向上促進事業について

介護職員資質向上促進事業について

 介護職員資質向上促進事業は、介護事業所・施設内におけるOJT(On-the-Job Training)を通じて介護職員の実践的な職業能力の向上を図りつつ、その能力を評価・認定することにより、介護事業所等における人材を育成することを目的とした事業です。 

(1)事業の概要

 厚生労働省では、下記の取組み等を行う事業者に対して補助を行うことにより、介護職員の資質向上促進を図っています。

1.評価基準の策定及び改善
2.事業所内部における評価者の養成
3.事業所内部における評価の実施に対する相談・支援
4.被評価者の評価基準に対する到達度の認定の実施
5.評価の質を担保するための取組
6.普及・広報活動

平成29年度介護職員資質向上促進事業の実施団体の公募を実施します。詳細は上記のリンク先をご確認下さい。
【公募期間】平成29年3月6日(月)9時から平成29年3月17日(金)17時まで(必着)

(3)介護プロフェッショナルキャリア段位制度の在り方に関する検討会

 介護キャリア段位の効果的な運営や今後の在り方等についての検討を行うため、「介護プロフェッショナルキャリア段位制度の在り方に関する検討会」を開催しています。詳細につきましては、下記リンク先の検討会ページをご参照ください。

(4)実践キャリア・アップ戦略のご案内

 平成26年度まで内閣府で行っていた実践キャリア・アップ戦略キャリア段位制度実施事業の業務内容等については下記リンク先をご参照下さい。

連絡先

老健局振興課人材研修係

電話 03−5253−1111(内線3936)

ホーム > 介護職員資質向上促進事業について

ページの先頭へ戻る