ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年6月 > 牛海綿状脳症(BSE)全頭検査の見直し



平成25年6月28日

医薬食品局食品安全部監視安全課

輸入食品安全対策室

室長 道野(2495)

     今西(2455)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

牛海綿状脳症(BSE)全頭検査の見直し


 今般、地方自治体への聞き取り調査により、全国一斉に7月1日からBSE検査が48か月齢超に限定され、全頭検査が見直されることが確認されましたので、お知らせします。


 日本でBSE対策を開始してから10年以上が経過し、国内外のリスクが大きく低下してきたことを踏まえ、食品安全委員会の科学的評価に基づき、対策全般の見直しを行っています。国内のBSE検査については、先般、検査対象月齢を48か月齢超に引き上げる省令改正及び検査のための補助金交付要綱改正を行ったところであり、7月1日に施行されます。
 また、本年5月30日、OIE(国際獣疫事務局)により、日本は「無視できるBSEリスク」の国に認定され、国産牛肉の安全性が国際的にも認められました。
 このように、国産牛肉の安全性が国内外で確認されていることを踏まえ、全国一斉に全頭検査の見直しが行われるよう、国としても調整を行ってきました。今般、地方自治体に聞き取り調査行ったところ、BSE検査を行っている全地方自治体において、7月1日から、全頭検査を見直すことが確認されました。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年6月 > 牛海綿状脳症(BSE)全頭検査の見直し

ページの先頭へ戻る