ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年6月 > 牛海綿状脳症(BSE)対策の見直し



平成25年6月3日

医薬食品局食品安全部監視安全課

輸入食品安全対策室

室長 道野(2495)

     梅田(2473)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

牛海綿状脳症(BSE)対策の見直し


 本年5月13日の食品安全委員会の評価結果に基づき、国産牛の検査対象月齢の見直しの実施について、本日付けで、関係省令を改正するとともに、通知を発出しました。


1 関係省令の一部改正

(1)厚生労働省関係牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則の一部を改正する省令(平成25年厚生労働省令第77号)

(概要)
・7月1日から、BSE検査の対象月齢を現行の30か月齢超から48か月齢超に引き上げる。

2 関係通知

(1)厚生労働省関係牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則の一部を改正する省令について(食安発0603第5号)
(2)特定危険部位の管理及び牛海綿状脳症検査に係る分別管理等のガイドラインの改正について(食安基発0603第1号、食安監発0603第2号)

(概要)
・BSE検査対象月齢の引き上げに伴い、新たに48か月齢における分別管理を追加した。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年6月 > 牛海綿状脳症(BSE)対策の見直し

ページの先頭へ戻る