ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年4月 > 「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」について



平成25年4月5日

医政局経済課

課長補佐 谷(2524)

後発医薬品使用促進専門官 近藤(4113)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2421

報道関係者各位


「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」について


 厚生労働省では、平成19年に策定した「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」に基づいて、平成24年度までに後発医薬品の数量シェア30%以上を目標に後発医薬品の普及を図ってきたところですが、達成されていない状況です。

 また、社会保障・税一体改革大綱(平成24年2月17日閣議決定)においても、「後発医薬品推進のロードマップを作成し、総合的な使用促進を図る」ことが盛り込まれたところであります。

 このため、現在の使用促進策に係る課題を明らかにするとともに、新たな目標を設定して、今後、行政、医療関係者、医薬品業界など国全体で取組む施策として別添のとおり「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定しましたので、公表いたします。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年4月 > 「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」について

ページの先頭へ戻る