ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年3月 > 新規学校卒業予定者の厳しい就職環境を踏まえた就職支援の強化



平成25年3月15日

職業安定局 派遣・有期労働対策部 若年者雇用対策室

室   長    久知良 俊二(内線5862)

室長補佐   吉 田    勉(内線5333)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3597)0331

新規学校卒業予定者の厳しい就職環境を踏まえた就職支援の強化

〜文部科学省・経済産業省との連携による「未就職卒業生への集中支援2013」を実施します〜


 本日、厚生労働省及び文部科学省は、平成24年度新規学校卒業予定者の就職内定状況を発表いたしました。
 この結果、新規大学卒業予定者の就職内定率(平成25年2月1日現在)は81.7%と前年同期を1.2ポイント上回り、また、新規高校卒業予定者の就職内定率(平成25年1月末現在)は88.3%と前年同期を1.9ポイント上回ったものの、リーマンショック以前の水準まで回復しておらず新規学校卒業予定者の就職環境は依然として厳しいものとなっています。
 このような中で新規大学卒業予定者の平成25年2月1日時点での就職希望率は、74.6%と過去最高となっており、多くの学生の皆さんが就職をあきらめず活動を続けています。
 厚生労働省においては、未内定の学生・生徒に「就職をあきらめさせない」ために文部科学省及び経済産業省との連携により、「未内定就活生への集中支援2013」に取組んでいますが、卒業までに就職できない場合であっても引き続きジョブサポーターによる個別支援を継続し、卒業後1日でも早く就職できるよう「未就職卒業生への集中支援2013」に取組むこととしました。(別紙1及び別紙2参照)。
 卒業までに1人でも多くの方の就職が決定するよう全力を尽くすとともに卒業までに就職できなかった場合であっても1日でも早く就職出来るよう全力で支援してまいります。

【添付資料】
別紙1 「未就職卒業生への集中支援2013」
別紙2 「未内定就活生への集中支援2013の取組状況」


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年3月 > 新規学校卒業予定者の厳しい就職環境を踏まえた就職支援の強化

ページの先頭へ戻る