ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年3月 > 食品からの放射性物質の摂取量の測定結果について



平成25年3月11日

医薬食品局食品安全部

基準審査課 鈴木、飯塚、岩岡、岩瀬(4280)

企画情報課 林、村上(2448、2493)

(基準審査課直通) 03-3595-2341

(企画情報課直通) 03-3595-2326

(代表) 03-5253-1111

報道関係者各位


食品からの放射性物質の摂取量の測定結果について

〜福島では半年で3分の1に減少、線量は1mSv/年の1%以下〜


 平成24年2月から5月に、全国各地で、1)実際に流通する食品や、2)一般家庭で調理された食事を収集し、放射性セシウムの量を精密に測定しました。その結果を用いて、1年間に食品中の放射性セシウムから受ける線量を推計した結果をとりまとめました。
 食品中の放射性セシウムから受ける線量は、いずれの調査方法でも、1 mSv/年の1%以下でした。基準値を設定した根拠となった線量(1 mSv/年)や、食品中に自然に含まれる放射性カリウムからの線量(約0.2 mSv/年)と比較しても、極めて小さいことが確かめられました。
 また、平成23年9月〜11月の試料で測定した前回の調査と比べて、大きな減少がみられました。(福島県[中通り]では、約3分の1に減少[前回:0.0193 mSv/年→今回:0.0066 mSv/年])
 厚生労働省では、今後も継続的にこうした調査を行い、食品の安全性の検証に努めていきます。


結果の概要
1) 全国12地域で、平成24年2〜3月に、国民の食品摂取量の地域別平均に基づいて、実際に流通する食品を購入(※)して<マーケットバスケット試料>、通常の食事の形態に従った簡単な調理をして測定したところ、       
● 食品中の放射性セシウムから、1人が1年に受ける線量に受ける線量は、地域ごとに、0.0009〜0.0094 mSvと推計された。
 ※生鮮食品はできるだけ地元産・近隣産のものを購入

2) 全国9地域で、平成24年3〜5月に、一般家庭の実際の食事を1日分全て集めたもの(1地域あたり男女別・年齢区分別に39名)を収集<陰膳試料>して測定したところ、
● 食品中の放射性セシウムから1人が1年に受ける線量に受ける線量は、地域ごとに、0.0012〜0.0039 mSvと推計された。

注: 東京電力福島第一原発の事故に由来して、食品中の放射性物質から長期的に受ける線量の大半は、放射性セシウムによるものとされています。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年3月 > 食品からの放射性物質の摂取量の測定結果について

ページの先頭へ戻る