ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年2月 > 輸入食品に対する検査命令の実施



平成25年2月6日

医薬食品局食品安全部監視安全課

輸入食品安全対策室

室         長  道野 英司

輸出国査察専門官 永山 裕幸(内線:2497)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

報道関係者各位


輸入食品に対する検査命令の実施

〜フィリピン産養殖えび、その加工品〜


 本日、以下のとおり輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットに対する検査の義務づけ)を実施することとしたので、お知らせします。

対象食品等 検査の項目 経 緯
フィリピン産養殖えび、その加工品(簡易な加工に限る。油ちょうされたものを除く。) エトキシキン 検疫所におけるモニタリング検査の結果、フィリピン産養殖えびから基準値を超えるエトキシキンを検出したことから、検査命令を実施するもの。


<エトキシキンについて>

○ エトキシキンは、農薬(成長調整剤)、飼料添加物(抗酸化剤)として使用され、魚介類(魚類に限る。)には1ppm、鶏の筋肉には0.05ppm、
  りんごには3.0ppmの基準値が適用されますが、基準値の定められていないえびには、一律基準である0.01ppmが適用されます。

<フィリピン産養殖えびのエトキシキンに係る違反の内容>

1 品 名:冷凍養殖有頭えび
  輸入者:株式会社 東京シーフーズ
  輸出者:DE ORO RESOURCES INCORPORATED
  届出数量及び重量:1,500 カートン 11.7 トン
  検査結果:エトキシキン0.02ppm検出 (基準値:0.01ppm)
  届出先:福岡検疫所
  日本への到着年月日:平成24年10月25日
  違反確定日:平成24年11月12日
  貨物の措置状況:全量積み戻し

2 品 名:冷凍養殖有頭えび
  輸入者:株式会社 西原商会
  輸出者:BOHOL AGRO-MARINE DEVELOPMENT CORPORATION
  届出数量及び重量:1,500 カートン 11.7 トン
  検査結果:エトキシキン0.03ppm検出 (基準値:0.01ppm)
  届出先:福岡検疫所
  日本への到着年月日:平成25年1月17日
  違反確定日:平成25年2月1日
  貨物の措置状況:全量保管

参考:フィリピン産養殖えびの輸入実績(平成23年4月1日から平成25年2月1日まで:速報値)

届出年度 届出件数 届出重量(トン) 検査件数* 違反件数
平成23年 376 3,078.36
平成24年 290 2,465.03 16 2(エトキシキン)
*農薬・飼料添加物(エトキシキン)に係る検査

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年2月 > 輸入食品に対する検査命令の実施

ページの先頭へ戻る