ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年1月 > 原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の解除について



平成25年1月17日

医薬食品局食品安全部

<担当・内線>

  監視安全課

     道野・松井(2495・4244)

   企画情報課

      林(2448)

<代表・直通電話>

  03-5253-1111(代表)

  03-3595-2337(監視安全課直通)

  03-3595-2326(企画情報課直通)

報道関係者各位


原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の解除について

(原子力災害対策本部長指示)


 本日、原子力災害対策本部は、原子力災害対策特別措置法に基づき出荷制限が指示されていた、宮城県沖※1で漁獲されたマダラについて、これを解除することとし、宮城県及び岩手県に対し、指示しました。

1 宮城県に対し、指示されていた出荷制限のうち、宮城県沖※1で漁獲されたマダラ(1尾の重量が1キログラム以上のもの※2)について、本日、出荷制限の解除が指示されました。
(1)本日付けの原子力災害対策本部から宮城県への指示は別添1のとおりです。
(2)宮城県の申請は別添2のとおりです。
※1 最大高潮時海岸線上岩手宮城両県界の正東の線、我が国排他的経済水域の外縁線、最大高潮時海岸線上宮城福島両県界の正東の線及び宮城県最大高潮時海岸線で囲まれた海域
※2 1尾の重量が1キログラム未満のマダラについては、平成24年8月30日に解除指示

2 岩手県に対し、指示されていた出荷制限のうち、宮城県沖※1で漁獲されたマダラについて、本日、出荷制限の解除が指示されました。
(1)本日付けの原子力災害対策本部から岩手県への指示は別添3のとおりです。
(2)岩手県の申請は、別添4のとおりです。
※1 最大高潮時海岸線上岩手宮城両県界の正東の線、我が国排他的経済水域の外縁線、最大高潮時海岸線上宮城福島両県界の正東の線及び宮城県最大高潮時海岸線で囲まれた海域
注) 宮城県沖のうち、岩手県の陸地の一部に接する海域が含まれるため、岩手県に対しても指示。

3 なお、原子力災害対策特別措置法の規定に基づく食品の出荷制限及び摂取制限の指示の一覧は、参考資料のとおりです。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年1月 > 原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の解除について

ページの先頭へ戻る