ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年1月 > 平成25年「勤労青少年の標語」が決定しました



平成25年1月11日

職業能力開発局 育成支援課 キャリア形成支援室

室長 浅野 浩美(5371)

室長補佐 永井 祐一(5741)

(代表電話) 03(5253)1111(内線5741)

(直通電話) 03(3502)8931

報道関係者各位

平成25年「勤労青少年の標語」が決定しました


 厚生労働省では、このほど、平成25年「勤労青少年の標語」に、岐阜県岐阜市在住の後藤 順さん(59歳、公務員)の作品を選びました。


<平成25年 勤労青少年の標語>

    頑張るね いい顔 いい夢 いい仕事

〜作者の想い〜
  挫けることなく、一生懸命に働く姿、そこには明るい未来が待っています。
  彼らこそ、この国を支える力なのです。
                                            (後藤 順さん 59歳 岐阜県 公務員)

 「勤労青少年の標語」は、勤労青少年が充実した職業生活を営むとともに、主体的、積極的に社会の一員として活躍することができるよう、また、そうした勤労青少年の努力に対しての社会一般の支援を期待して、勤労青少年、勤労青少年福祉行政関係者および勤労青少年団体などが行う活動の指針として定めるものです。
本標語は、毎年広く公募を行い、寄せられた作品の中から優れたものを翌年の標語として選定しています。平成25年は、全国から3,837作品の応募があり、厳正な審査を行った結果、後藤さんの作品を、新しい標語に選びました。
厚生労働省では、平成25年の勤労青少年福祉行政推進に当たり、各記念行事やスポーツ・レクリエーション大会において、本作品を広く活用していく方針です。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2013年1月 > 平成25年「勤労青少年の標語」が決定しました

ページの先頭へ戻る