ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年12月 > ブラジルにおけるBSEの発生



平成24年12月8日

医薬食品局食品安全部監視安全課

道野(2495)

今西(2455)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

ブラジルにおけるBSEの発生


 本日、農林水産省より、別添のとおりブラジルで牛海綿状脳症(BSE)1例目が確認されたとの情報を得ましたので、同国産牛肉等(加工品を含む。)の輸入手続を本日より停止することとしました。


1.経緯

 本日、農林水産省より、別添のとおりブラジルでBSE発生1例目が確認されたとの情報を得ました。

2.対応

(1)当該情報を踏まえ、ブラジル産牛肉等(加工品を含む。)の輸入手続を本日より停止することとし、検疫所に通知しました。

(注)ブラジル産牛肉については、農林水産省において家畜衛生上の観点から生鮮牛肉の輸入を認めていません。

(2)また、検疫所では平成16年7月よりブラジルを含むBSE非発生国であっても、特定危険部位(SRM)を含む食品は輸入しないよう輸入者を指導していますが、念のため詳細を確認中です。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年12月 > ブラジルにおけるBSEの発生

ページの先頭へ戻る