ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年11月 > 薬事行政関係資料の発表



平成24年11月22日

医薬食品局監視指導・麻薬対策課

(担当・内線)

   課長補佐  柴辻 正喜(2763)

   係長     下山田 聡(2769)

(代表電話) 03(5253)1111

(ダイヤルイン) 03(3595)2436

薬事行政関係資料の発表


 厚生労働省で、平成23年度における薬事行政の状況を取りまとめましたので、お知らせします。
 なお、本資料は、平成24年10月25日付けで当省大臣官房統計情報部において発表された「平成23年度衛生行政報告例の概況」のうち、
「5 薬事関係」の詳細について取りまとめたものです。

 <ポイント>

 1 薬事監視状況
    薬事法上の許可施設等への立入検査数や違反発見件数等
    ・立入検査施設数が211,432件と前年度と比べて2.9%減少
    ・違反発見件数が16,303件と前年度と比べて2.0%減少
     注1)東日本大震災の影響により、前年度の件数に宮城県は含まれていない
        今年度の件数から宮城県の件数を除いた比較においては、
        ・立入検査施設数(208,927件)については、前年度と比べて4.1%減少
        ・違反発見件数(15,746件)については、前年度と比べて5.4%減少

 2 毒物劇物営業取締状況
    毒物及び劇物取締法上の許可施設等への立入検査数や違反発見件数等
    ・立入検査施設数が33,726件と前年度と比べて11.0%減少
    ・違反発見施設数が3,073件と前年度と比べて10.5%減少
     注2)東日本大震災の影響により、前年度の件数に宮城県は含まれていない
        今年度の件数から宮城県の件数を除いた比較においては、
        ・立入検査施設数(33,375件)については、前年度と比べて12.0%減少
        ・違反発見施設数(2,990件)については、前年度と比べて13.0%減少

 3 薬事関係業態数調
    薬事法上の許可業態数
    ・医薬品業態総数が121,452件と前年度と比べて1.2%増加
    ・医療機器業態総数が467,323件と前年度と比べて5.4%増加
     注3)東日本大震災の影響により、前年度の件数に宮城県は含まれていない
        今年度の件数から宮城県の件数を除いた比較においては、
        ・医薬品業態総数(119,218件)については、前年度と比べて0.6%減少
        ・医療機器業態総数(455,920件)については、前年度と比べて2.8%増加

    

   

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年11月 > 薬事行政関係資料の発表

ページの先頭へ戻る