ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年10月 > 輸入食品に対する検査命令の実施



平成24年10月31日

【照会先】

医薬食品局食品安全部監視安全課

輸入食品安全対策室

室長 道野

    吉原、杉本(内線2498)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

報道関係者各位


輸入食品に対する検査命令の実施

〜オーストラリア産二枚貝、その加工品〜


 本日、以下のとおり輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットについての検査の義務づけ)を実施することとしたので、お知らせします。  

対象食品等 検査の項目 経 緯
オーストラリア産二枚貝(タスマニア島周辺の海域で採補されたものに限る。)、その加工品 麻痺性貝毒*  検疫所におけるモニタリング検査の結果、オーストラリア産むらさきいがいから規制値を超える麻痺性貝毒を検出したことから、検査命令を実施するもの。
*主に二枚貝が毒素を持った植物プランクトンを餌として食べることにより体内に蓄積する毒素の一種。ヒトがこの毒化された貝を摂取して中毒した際の症状が麻痺を主徴とすることから名付けられた。


<参考1>オーストラリア産二枚貝の麻痺性貝毒に係る違反事例

1.品名:活むらさきいがい
輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社
輸出者:SPRING BAY SEAFOODS PTY LTD
届出数量及び重量:60 カートン、0.84 トン
検査結果:麻痺性貝毒64MU/g、52MU/g検出注1 (規制値:4MU/g)
届出先:成田空港検疫所
到着年月日:平成24年10月24日
違反確定日:平成24年10月30日
措置状況:一部販売、残余は保管

注1:MU(Mouse Unit、マウスユニット):1マウスユニットとは、体重20gのマウスを15分間で死亡させる毒量のこと。
注2:これまでのところ麻痺性貝毒を原因とする食中毒またはその疑いの事例は報告されていない。

<参考2>オーストラリア産二枚貝の輸入実績

平成23年4月1日から平成24年10月30日まで:速報値

届出年度 届出件数 届出重量(トン) 検査件数* 違反件数
平成23年 131 67.82 3 0
平成24年 128 62.39 2 1(麻痺性貝毒)
*麻痺性貝毒に係る検査

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年10月 > 輸入食品に対する検査命令の実施

ページの先頭へ戻る