ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年6月 > 「地域若者サポートステーション事業」実施団体を1団体追加選定



平成24年6月29日

職業能力開発局キャリア形成支援室

室   長 浅野 浩美

室長補佐 永井 祐一(内線5741)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3502)8931

報道関係者各位


「地域若者サポートステーション事業」実施団体を1団体追加選定

〜平成24年度は全国の計116カ所でニートの就労支援を実施〜


 厚生労働省は、このほど、ニート(※)などの若者の職業的自立を支援する平成24年度の「地域若者サポートステーション事業」について、実施団体を1団体追加選定しました。
 「地域若者サポートステーション事業」の実施団体(受託候補者)は、今年4月に平成24年度分を選定しましたが、支援の全国的な展開の必要から、今回応募がなかった大分県について1団体を追加で募集し、企画競争により実施団体を選定しました。
 これにより、実施箇所は平成23年度より6カ所多い、全国116カ所となります(実施箇所・団体名は別添参照)。 

(※)ニートとは、15〜34歳の若者で、仕事に就いておらず、家事も通学もしていない人をいう。


「地域若者サポートステーション事業」とは

 厚生労働省と地方自治体が協働し、働くことに悩みを抱えるニートなどの若者の職業的自立を目指し包括的に支援する事業。
 若者支援の実績やノウハウを持つ地域のNPO法人などに事業を委託し、「地域若者サポートステーション」(愛称:サポステ)を設置。キャリア・コンサルタントなどによる専門的な相談や、自立に向けた支援プログラムの実施、ハローワークなど相談者に適切な支援機関への橋渡し、協力企業による就労体験など、就労に向けた多様な支援策を提供している。事業期間は1年。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年6月 > 「地域若者サポートステーション事業」実施団体を1団体追加選定

ページの先頭へ戻る