ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > 有機顔料中に副生するポリ塩化ビフェニルの有無等に関する第一次実態調査結果をまとめました



2012年5月28日(月)

医薬食品局審査管理課化学物質安全対策室

室長 長谷部 和久(2421)

室長補佐 佐々木 正大(2910)

衛生専門官 大久保 貴之(2423)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通) 03(3595)2298

有機顔料中に副生するポリ塩化ビフェニルの有無等に関する第一次実態調査結果をまとめました


0.5ppm超のポリ塩化ビフェニル(PCB)が検出されたとの報告があった23種の有機顔料について、厚生労働省、経済産業省及び環境省は同種顔料中の副生PCBの有無に関する実態調査を行いました。このたび、その結果を取りまとめたので公表します。
今回の調査で50ppm超のPCB含有が新たに判明した有機顔料はありませんでした。


1.経緯
 本年2月に化成品工業協会(化成協)から有機顔料中にポリ塩化ビフェニル(PCB)が副生するとの報告を受け、0.5ppm超のPCBが検出された23種の有機顔料を製造または輸入している事業者に対し、その取扱有機顔料におけるPCBの有無等について分析し、5月10日までに厚生労働省、経済産業省および環境省(以下、「3省」という。)へ報告するよう2月13日に経済産業省より要請しました。(第一次実態調査)
 
 
2.第一次実態調査結果について
 報告事業者数は41社、報告品目数は延べ98品目でした。(2月10日までに化成協から報告があった品目および既に公表済の50ppm超の品目(別紙2)を除く。)
なお、今回の報告では50ppm超の品目はありませんでした。
(単位:ppm)

不検出  25品目
〜0.5   16品目
0.5超〜25 55品目
25超〜50  2品目
50超   0品目


3.第二次実態調査について
第一次実態調査で対象とした23種以外の有機顔料のうち、製造工程等から判断してPCBを副生する可能性があると考えられるものについても、同様の調査を行った上で、結果を本年8月10日までに3省へ報告することとしております。(第二次実態調査)


<参考> 2月10日までに化成協から報告があった品目および既に公表済の50ppm超の品目まとめ(単位:ppm)

不検出  41品目
〜0.5   11品目
0.5超〜25 39品目
25超〜50  4品目
50超   7品目

※新たな分析の結果、検出値を修正したものを含む。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > 有機顔料中に副生するポリ塩化ビフェニルの有無等に関する第一次実態調査結果をまとめました

ページの先頭へ戻る