ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > 平成23年度「大学等卒業者の就職状況調査」



平成24年5月15日

職業安定局 派遣・有期労働対策部

企画課 若年者雇用対策室

室長 久知良 俊二(内線5862)

室長補佐 伊藤 浩之(内線5333)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3597)0331

平成23年度「大学等卒業者の就職状況調査」

〜大学卒業者の就職率は、平成23年10月1日時点からの伸び幅で過去最大〜


 厚生労働省は15 日、平成24 年3月に大学を卒業した学生の就職状況などを文部科学省と共同で調査し、平成24 年4月1日現在の状況を取りまとめました。
 調査対象は、全国の大学、短期大学、高等専門学校、専修学校の中から、設置者や地域などを考慮して抽出した112 校、6,250 人です(※1)。
 なお、本調査は年4回(10 月1日、12 月1日、2月1日、4月1日)実施し、翌月に発表しています(※2)。


【就職率】
○ 大学
  93.6%で前年同期比2.6ポイントの増。
   (参考)平成23 年10 月1 日時点からの伸びは33.7 ポイント(調査開始以来最高)

○ 短期大学(女子学生のみ)
  89.5%で、同5.4ポイントの増。

○ 高等専門学校(男子学生のみ)
  100%で、同1.3ポイントの増。

○ 専修学校(専門課程)
 93.2%で、同7.0ポイントの増。

※1 調査対象、調査方法
調査校112 校の内訳は、国立大学21 校、公立大学3校、私立大学38 校、短期大学20校、高等専門学校10 校、専修学校20 校。
調査対象人員6,250 人の内訳は、大学、短期大学、高等専門学校併せて5,690 人、専修学校560 人。
それぞれの大学、学校などで、所定の調査対象学生を抽出した後、電話・面接等の方法により、性別、就職希望の有無、就職状況などにつき調査しています。なお、就職率とは、就職希望者に占める就職者の割合です。
※2 調査時期、発表時期
     調査時期     発表時期
平成23年10 月1日 … 11 月18 日
      12 月1日 … 1月17 日
平成24年 2月1日 … 3月16 日
       4月1日 … 5月15 日

〔参考:推計値〕
○平成24 年3 月卒業者数  ○うち就職希望者数  ○うち就職(内定)者数
・大 学 55 万人       ・大 学 38 万1千人    ・大 学 35万6千人
・短 大 6 万6千人      ・短 大 4万9千人     ・短 大 4万4千人
・高 専 1 万2 百人      ・高 専 6千4百人     ・高 専 6千4百人
・専修学校 21 万5千人   ・専修学校 18万8千人   ・専修学校 17万5千人
注)卒業者数は、文部科学省「学校基本調査」から推計した数値で、就職希望者数と就職(内定)者数は本調査結果から推計した数値です。
○大学卒業者全体に占める就職者の割合は「64.8%」
注)卒業者全体には就職希望者の他、「進学希望者」、「自営業」「家事手伝い」等を含む。

【参考:就職支援のための取組】
厚生労働省においては、1 月より文部科学省及び経済産業省との連携により、「卒業前最後の集中支援2012」に取り組みました。また、就職が決まらないまま卒業した方に対しても、就職内定者と同様に社会人としてのスタートがきれるよう、6 月末までを目途にジョブサポーターによる集中的な個別支援を実施し、1 日でも早い就職の実現に向け、全力を尽くしています。対策の詳細等については 5 月15 日公表の「大学等新卒者の就職支援強化による効果について」をご覧ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年5月 > 平成23年度「大学等卒業者の就職状況調査」

ページの先頭へ戻る