ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年3月 > 米国における食肉処理施設の定期査察結果について



平成24年3月30日

【照会先】

医薬食品局食品安全部監視安全課

輸入食品安全対策室

室長 道野(内線2495)

    温井、増見(内線2476、2455)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

(FA X) 03(3503)7964

米国における食肉処理施設の定期査察結果について


・厚生労働省と農林水産省は、米国における日本向け牛肉輸出プログラムの遵守状況を確認・検証するため、米国の食肉処理施設の定期査察を実施しました。
 (米国産牛肉の輸入が再開された平成17年12月以降、9回目)
・月齢確認、特定危険部位(SRM)除去等の記録状況等を確認したところ、米国における日本向け牛肉輸出プログラム遵守に関して特段の問題がないことを確認しましたのでお知らせします。


1.概要

米国における日本向け牛肉輸出プログラムの遵守状況を確認・検証するため、厚生労働省と農林水産省の担当者を以下のとおり米国に派遣しました。
なお、米国産牛肉の輸入が再開された平成17年12月以降、今回で9回目の現地査察となります。

期間:平成23年11月6日〜11月19日
施設数:日本向け食肉処理施設5か所
実施者:厚生労働省と農林水産省の担当者

2.結果概要

米国の食肉処理施設について、月齢確認、特定危険部位(SRM)除去等の現場作業状況及び記録状況等を確認したところ、米国の対日輸出プログラム遵守に関して、特段の問題がないことを確認しました。

<添付資料>
・米国における現地査察報告書




PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年3月 > 米国における食肉処理施設の定期査察結果について

ページの先頭へ戻る