ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年3月 > ボツリヌス食中毒事例の発生について



平成24年3月26日

医薬食品局食品安全部監視安全課食中毒被害情報管理室

室長補佐 松岡(4239)

係長 石丸(4240)

(電話) 03(5253)1111

報道関係者各位


ボツリヌス食中毒事例の発生について


本日、鳥取県からボツリヌス毒素を原因とする食中毒患者(2名)が発生したとの連絡がありました。毒素が検出された検出食品の入手の経路、保存状況等について調査中ですが、ボツリヌス毒素による食中毒の重篤性を考慮し、厚生労働省から別添のとおり全国の地方自治体を通じて消費者や医療機関への情報提供、注意喚起を行ったのでお知らせします。


1.食中毒の概要

(1) 喫食者:2名(60代、男性1名・女性1名)
(2) 有症者:2名(60代、男性1名・女性1名)
(3) 有症者の自宅に残っていた食品についてボツリヌス毒素の検査を国立医薬品食品研究所で実施したところA型の毒素を検出。

2.ボツリヌス毒素が検出された食品

・「あずきばっとう(700g)」
(ぜんざいの餅の代わりに平打ちのうどんが入った食品)

注)当該食品の製造者は、上記の食品以外についても自主回収を実施

【別添】

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年3月 > ボツリヌス食中毒事例の発生について

ページの先頭へ戻る