ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年3月 > 平成22年度 認可外保育施設の現況取りまとめ



平成24年3月30日

雇用均等・児童家庭局

課長補佐 鈴木 義弘(内線7925)

保育係長 今井 健治(内線7947)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2542

報道関係者各位


平成22年度 認可外保育施設の現況取りまとめ

〜施設総数、入所児童数とも増加、ベビーホテルはやや増加〜


 厚生労働省はこのほど、平成22年度「認可外保育施設」の現況をまとめました。これは、都道府県、政令指定都市、中核市(以下「都道府県など」)が実施した、平成23年3月31日現在の指導監督状況の報告を集計し、取りまとめたものです。


 「認可外保育施設」とは、児童福祉法に基づく都道府県知事などの認可を受けていない保育施設のことで、このうち、夜8時以降の保育、宿泊を伴う保育、一時預かりの子どもが利用児童の半数以上、のいずれかを常時運営している施設については、「ベビーホテル」と言います。


 指導監督は、これらの施設が、子どもを保育するのにふさわしい内容や環境を確保しているかを確認するため、都道府県などが立ち入り検査するものです。対象は、少数の子どもを保育する施設など、都道府県知事に届出が義務づけられていない施設を含む、すべての認可外保育施設です。立ち入り検査は、原則として年1回以上行います。なお、やむを得ずに対象を絞る場合でも、ベビーホテルについては必ず年1回、実施することになっています。


 本調査では、「認証保育所」などの地方単独保育事業の施設も対象に含みますが、事業所や病院が従業員のために設置する「事業所内保育施設」は含んでいません。ただ、参考のために事業所内保育施設も把握できるものについては集計し、結果を記載しています。


【ポイント】

○ 認可外保育施設の総数       7,579か所  前年度比 179か所の増
  (内訳)ベビーホテル          1,709か所    同     14か所の増
      その他の認可外保育施設  5,870か所    同    165か所の増

○ 入所児童の総数            186,107人    同     6,431人の増
  (内訳)ベビーホテル           30,768人    同     56人の増
      その他の認可外保育施設   155,339人    同    6,375人の増

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年3月 > 平成22年度 認可外保育施設の現況取りまとめ

ページの先頭へ戻る