ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年2月 > 硫黄島遺骨帰還平成23年度第2回特別派遣団により新たに収容された189柱を含む344柱の御遺骨が厚生労働省に引き渡されます。



平成24年2月14日

社会・援護局援護企画課外事室

室長補佐 新津 浩平(3415)

室長補佐 坂井 浩一(3464)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3595)2469

報道関係者各位


硫黄島遺骨帰還平成23年度第2回特別派遣団により新たに収容された189柱を含む344柱の御遺骨が厚生労働省に引き渡されます。

(千鳥ヶ淵戦没者墓苑で2/15(水)10:30より)


 「硫黄島からの遺骨帰還のための特命チーム」(リーダー:本多平直内閣総理大臣補佐官)が平成23年11月25日に決定した「硫黄島からの遺骨帰還プラン」に基づき派遣された硫黄島遺骨帰還平成23年度第2回特別派遣団は、硫黄島で遺骨収容を実施した結果、189柱の御遺骨を収容いたしました。  今回収容された189柱と前回収容された155柱を併せた合計344柱の御遺骨が派遣団に捧持され、硫黄島から帰還することから、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で平成24年2月15日(水)10:30より、厚生労働省主催による遺骨引渡式を行います。

【添付資料】

・別紙1 硫黄島遺骨帰還平成23年度第2回特別派遣団の概要
(参考資料)硫黄島における慰霊事業実施状況

・別紙2 式次第
 (別紙2−1)遺骨引渡式等における取材要領
 (別紙2−2)千鳥ヶ淵戦没者墓苑概見図
 (別紙2−3)取材

※本件に係る取材を希望される場合には、別紙2−3の「取材申込書」に記入の上、照会先までFAX願います。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年2月 > 硫黄島遺骨帰還平成23年度第2回特別派遣団により新たに収容された189柱を含む344柱の御遺骨が厚生労働省に引き渡されます。

ページの先頭へ戻る