ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年2月 > 平成23年度「認知症サポーター300万人達成報告会」の開催について



平成24年2月8日

老健局高齢者支援課

認知症・虐待防止対策推進室

室長    勝又 浜子(内線3867)

室長補佐 田仲 教泰(内線3868)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2168

報道関係者各位


平成23年度「認知症サポーター300万人達成報告会」の開催について


 平成17年度より開始した「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」構想の一環である「認知症サポーターキャラバン」について、今般、全国キャラバン・メイト連絡協議会により認知症サポーター300万人達成を記念し、認知症サポーターキャラバン報告会が開催されます。
 本報告会は、認知症サポーターについて先駆的な活動を展開されている自治体等の表彰や報告を行うものであり、今後地域での応援体制の強化を目指す上で極めて有意義な会になるものと期待されます。
 なお、本報告会の事務局は、全国キャラバン・メイト連絡協議会となりますので、詳細等のお問い合わせについては、事務局(別添参照)へお願いします。


○ 「認知症サポーター」とは
 「認知症サポーター」は、認知症について理解し、認知症の方やその家族を温かく見守り、できる範囲での手助けをする人です。「認知症サポーター」は、「認知症の人を支援します」という意思を示す「目印」であるブレスレット(オレンジリング)をもっています。
 都道府県、市区町村などの自治体が、一般住民、学校、地元企業等を対象に住民講座を展開しているほか、大手スーパー、金融機関、マンション管理会社等、住民と身近に接する機会の多い全国規模の企業・団体等において、全社を挙げた「認知症サポーター」養成の取り組みも進んでいます。また小中学校での認知症サポーター養成が全国的に展開されています。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2012年2月 > 平成23年度「認知症サポーター300万人達成報告会」の開催について

ページの先頭へ戻る