ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年12月 > フランス製の豊胸用シリコンバッグ製品に関する情報提供



平成23年12月27日

 医薬食品局監視指導・麻薬対策課

  課長補佐   蛭田浩一(内2763)

    専門官   磯 茂樹(内2767)

(電   話) 03(5253)1111

(夜間直通) 03(3595)2436

報道関係者各位


フランス製の豊胸用シリコンバッグ製品に関する情報提供


 平成23年12月23日にフランス保健省から、フランスのポリー・インプラント・プロテーゼ社(PIP社)の製造した豊胸用シリコンバッグについて、乳がんの発生リスクは他の豊胸用シリコンバッグと異なる根拠はないが、予防的な観点から、破裂する兆候等がなくても摘出手術を行うか、6ヶ月毎に超音波等で経過を慎重に観察するように注意喚起を行った旨情報提供がありました。

 PIP社の豊胸用シリコンバッグは、日本では承認されていませんが、日本に輸出されているとの情報があり、美容整形関係の医師が個人輸入によりフランスから直接輸入している可能性もあります。このため、個人輸入は本来医師の自己責任で行うものですが、念のため、関係学会(日本美容整形学会等)にフランスでの注意喚起についての情報提供を行いました。

 なお、PIP社の製品は、医療用に適さないシリコンの材料が使用されていたこと等がフランス医薬品庁(AFSAPPS)により確認され、平成22年3月に製造の停止と回収が行われています。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年12月 > フランス製の豊胸用シリコンバッグ製品に関する情報提供

ページの先頭へ戻る