ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年12月 >  「肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて」の一部改正について



平成23年12月26日

健康局疾病対策課肝炎対策推進室

(担当・内線)   三島・大石(2944)

(代表電話)    03(5253)1111

(ダイヤルイン) 03(3595)2103

 「肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて」の一部改正について


 C型慢性肝炎に対する治療薬であるテラプレビルについては、本年11月25日に薬価収載され、11月22日に開催された肝炎治療戦略会議においても、「C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン、リバビリン及びテラプレビル3剤併用療法について、医療費の助成を行うことは、政策的に有効である」との意見をいただいていたところです。
 これを踏まえ、本日付で「肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて」の一部改正を行い、肝炎治療に関する医療費助成の対象に、ペグインターフェロン、リバビリン及びテラプレビル3剤併用療法を追加し、適用することといたしましたので、お知らせいたします。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年12月 >  「肝炎治療特別促進事業の実務上の取扱いについて」の一部改正について

ページの先頭へ戻る