ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年7月 > 「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」



平成23年7月29日

医政局経済課

後発医薬品使用促進専門官 松野(4113)

「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」

平成22年度実施状況


 厚生労働省では、品質、安定供給、情報提供等についての後発医薬品(ジェネリック医薬品)の信頼性を高め、医療関係者及び患者が安心して後発医薬品を使用することができるよう、国及び関係者が行うべき取り組みを明らかにした「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」を、平成19年10月に策定しました。
 その実施状況については年度ごとに取りまとめて公表しておりますが、今般、平成23年3月末現在の実施状況について取りまとめましたので、お知らせいたします。アクションプログラムの着実な実施を通して、後発医薬品を安心して使っていただくための環境整備を進めております。


(資料)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年7月 > 「後発医薬品の安心使用促進アクションプログラム」

ページの先頭へ戻る