ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年6月 > 平成22年の熱中症による死亡者数について



平成23年6月24日

【照会先】

大臣官房統計情報部人口動態・保健統計課

課長    小野 暁史(内線 7461)

課長補佐 後藤 敬一郎(内線 7475)

月報調整係(内線 7476)

(代表電話) 03-5253-1111

(直通電話) 03-3595-2813

平成22年の熱中症による死亡者数について

〜全死亡者数の約8割(79.3%)が65歳以上〜


本日、厚生労働省ホームページに掲載した「人口動態統計月報(概数)平成22年12月分(年計を含む)」において、平成22年の熱中症による死亡者数の発生場所別、年齢(5歳階級)別、都道府県別の表を参考として掲載しております。

◆結果のポイント◆

【発生場所別】

○発生場所では、家(庭)が全死亡者数の45.6%と最も多い。

【年齢(5歳階級)別】

○年齢(5歳階級)では、全死亡者数の約8割(79.3%)が65歳以上となっており、年齢階級が上昇すると死亡率が上昇する傾向がある。

注:平成22年の熱中症による死亡者数は、熱中症の統計を取り始めた昭和39年以降で最大でした。

注:詳細は、別紙をご覧ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年6月 > 平成22年の熱中症による死亡者数について

ページの先頭へ戻る