ホーム > 労働基準法第25条(非常時払)について



労働基準法第25条(非常時払)について

【Q6−1】労働基準法第25条の「災害」には、今回の地震による災害も含まれるでしょうか。

[A6−1]労働基準法第25条では、労働者が、出産、疾病、災害等の非常の場合の費用に充てるために請求する場合は、賃金支払期日前であっても、使用者は、既に行われた労働に対する賃金を支払わなければならないと定められています。
ここでいう「疾病」、「災害」には、業務上の疾病や負傷のみならず、業務外のいわゆる私傷病に加えて、洪水等の自然災害の場合も含まれると解されています。
このため、労働基準法第25条の「災害」には今回の地震による災害も含まれると考えられます。

【Q6−2】労働者又はその家族が被災し、又は居住地区が避難地域に指定される等により、住居の変更を余儀なくされる場合の費用は、労働基準法第25条の「非常の場合の費用」に該当するでしょうか。

[A6−2]御質問にあるような費用は、災害によるものとして、労働基準法第25条の「非常の場合の費用」に該当すると考えられます。

ホーム > 労働基準法第25条(非常時払)について

ページの先頭へ戻る