ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 「平成23年度特定看護師(仮称)業務試行事業」における実施施設の指定について



平成23年4月26日

医政局看護課看護サービス推進室

看護サービス推進官  島田(4170)

看護サービス推進専門官 高橋(4174)

(代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3595)2206

「平成23年度特定看護師(仮称)業務試行事業」における実施施設の指定について


 この業務試行事業は、「特定看護師(仮称)」の検討を行う際に必要となる実証的なデータを収集するため、「特定看護師(仮称)養成 調査試行事業」を修了した看護師の協力を得て「医療現場における業務の試行」を実施するものであり、当該看護師の活用状況や業務の実施状況等に関する情報を収集することとしています。このたび、3月30日までに申請があった3施設(別紙)について、審査を実施した上で、指定しましたのでお知らせいたします。
 なお、上記の業務試行事業は引き続き申請を受け付けており、今後も申請がありましたら、随時審査を実施の上、指定することとしています。
 


(参考)
○「特定看護師(仮称)」とは、 「チーム医療の推進に関する検討会」報告書において、専門的な臨床実践能力を有する看護師が、医師の指示(場面によっては「包括的指示」)を受けて、従来一般的には看護師が実施できないと理解されてきた医行為を幅広く実施できるために構築する新たな枠組みとされています。

○「特定看護師(仮称)養成 調査試行事業」とは、「特定看護師(仮称)」の要件や業務範囲等を検討する際に必要となる情報や実証的なデータを収集するため、専門的な臨床実践能力を有する看護師の養成に取り組む修士課程・研修課程等の協力を得て昨年度から実施している「養成現場における養成の試行」です。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 「平成23年度特定看護師(仮称)業務試行事業」における実施施設の指定について

ページの先頭へ戻る