ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 若年性認知症への施策をさらに推進するため地方自治体に協力を要請しました



平成23年4月15日

老健局高齢者支援課

認知症・虐待防止対策推進室

認知症対策係(内線3869)

(代表電話) 03(5253)1111

報道関係者各位


若年性認知症への施策をさらに推進するため地方自治体に協力を要請しました


 厚生労働省では、このたび、若年性認知症施策をさらに推進するため、全国の都道府県、政令指定都市などの地方自治体に対して、協力を要請する事務連絡を発信しました。
 本年1月に若年性認知症の方御本人のニーズに応じた施策を推進するため、「若年性認知症施策を推進するための意見交換会」を開催したところ、参加した御本人をはじめ、家族や支援者から、日頃の生活を通じて感じている貴重な意見や要望を得ることができました。
 そこで、本会での意見、要望をもとに、各自治体に対して、早期に対応できることについて協力を要請すると共に、以前から照会が多かった介護保険制度の利用に関する考え方を文書にまとめ、発信したものです。主なポイントは以下のとおりです。


【ポイント】
1:若年性認知症の方が利用する介護サービスの一環として行うボランティア活動の際に、生じた謝礼について、利用者が受領できる条件を明示
2:若年性認知症の方などを支援する組織や事業の立ち上げを促進するため、平成22年度補正予算に計上された「地域支え合い体制づくり事業」などの活用を要請
3:行政組織での一貫した対応が可能となるよう、都道府県における相談体制のワンストップ化などを要請

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 若年性認知症への施策をさらに推進するため地方自治体に協力を要請しました

ページの先頭へ戻る