ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 〜がんばれ子どもたち!みんなで応援します!!〜



平成23年4月11日

雇用均等・児童家庭局 育成環境課

課長補佐 鈴木健吾(7902)

専門官 斉藤晴美(7905)

(代表) 03−5253−1111

(直通電話) 03−3595−2505

報道関係者各位


〜がんばれ子どもたち!みんなで応援します!!〜

東日本大震災で被害にあった子どもたちを元気づけるプロジェクトを開始


 厚生労働省では、地方公共団体、企業、関係団体等と協力し、東日本大震災で被災した子どもたちが元気になり、笑顔を取り戻す一助となるように、子どもたちを応援する各種の取り組みを開始します。取り組みの概要は、以下の通りです。

1)東京近郊受け入れ施設の子どもたちによるこいのぼりの掲揚   ※別添チラシ参照
  概要:被災者を受け入れている東京近郊の施設に避難中のこどもたちを招待し、こいのぼりの掲揚を行うとともに、子どもたちに遊びのプログラムを実施。
  日時:4月17日(日)11:30〜16:00
※開会〜こいのぼりの掲揚は11:30〜12:00に実施
  会場:こどもの城 (東京都渋谷区神宮前5-53-1)
  出席者:小宮山洋子 厚生労働副大臣
      大相撲力士 ほか
  プログラム:こどもの城合唱団による合唱
        励ましのメッセージ
        こいのぼりの掲揚
        遊びのプログラム、自由遊び(こいのぼり掲揚後 〜 16:00まで )
  実施主体:厚生労働省、(財)児童育成協会、(財)こども未来財団
  協力:日本鯉のぼり協会、(財)児童健全育成推進財団、全国地域活動連絡協議会、みらい子育てネット東京
   ※行事開催中及びその前後における大相撲力士に対する取材はご遠慮願います。

2)被災地等でのこいのぼりの掲揚
  概要:日本鯉のぼり協会が被災地に鯉のぼり(200セット予定)を寄贈する活動を開始。厚生労働省は、(社)日本人形協会、(財)こども未来財団と共に協力。あわせて、4月25日〜5月11日の間、各中央省庁、地方公共団体に「こいのぼり」掲揚を依頼。
※問い合わせ先:日本鯉のぼり協会  鯉のぼり寄贈事業広報事務局
 田邉090-6970-6140  堀西 080-1403-1100


3)被災地の子どもたちに絵本等を寄贈
  概要:宮城県、岩手県、福島県等の避難所、児童福祉施設等に絵本等を寄贈。
  実施主体:厚生労働省、(公財)日本ユニセフ協会、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、株式会社MPD、日本出版販売株式会社、(社)日本国際児童図書評議会
    ※配布希望の問い合わせ先:(公財)日本ユニセフ協会 03-5789-2011

4)避難所の子どもたちのために専門職員を応援派遣
  概   要:被災地からの要望により、巡回を実施。避難所に指定された「国立那須甲子青少年自然の家」(福島県西郷村)からの要請を受け、4月2日(土)、3日(日)に、職員とボランティア計4名を派遣。
  実施主体:(財)児童育成協会


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 〜がんばれ子どもたち!みんなで応援します!!〜

ページの先頭へ戻る