ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 食品中の放射性物質の検査結果について(第29報)



平成23年4月8日

【照会先】

医薬食品局食品安全部監視安全課

(担当・内線) 監視安全課長 加地

            大原、冨田(4241、4242)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

報道関係者各位


食品中の放射性物質の検査結果について(第29報)

(福島原子力発電所事故関連)


・食品中の放射性物質の検査が行われ、その結果について別添のとおり情報を入手しましたので、お知らせします。


1 自治体が公表した放射性物質の検査結果

 神奈川県、千葉県、兵庫県、新潟県、長野県、群馬県、茨城県より別添1から別添9のとおり、報道発表したとの連絡がありました。
 別添1:神奈川県公表資料(本日11時00分公表)
 別添2:千葉県公表資料(本日11時30分公表)
 別添3:千葉県公表資料(本日19時30分公表)
 別添4:兵庫県公表資料(本日14時00分公表)
 別添5:新潟県公表資料(群馬県産チンゲンザイ、埼玉県産きゅうり、ほうれん草、茨城県産いちご、にら、みずなを含む)(本日15時05分公表)
 別添6:新潟県公表資料(福島県産豚肉)(本日17時30分公表)
 別添7:長野県公表資料(本日16時00分公表)
 別添8:群馬県公表資料(本日17時00分公表)
 別添9:茨城県公表資料(本日21時00分公表)

2 自治体から入手した放射性物質の検査結果

 名古屋市から情報(千葉県産魚)(別添10)を入手しました。

3 緊急時モニタリングの検査結果について

 福島県での緊急時モニタリングの結果の情報(原乳)(別添11)を入手しました。

※ 3月31日福島県での緊急時モニタリングの検査結果において、天栄村の牛肉から暫定規制値を超過する放射性セシウムが検出されました。その後、念のため行った、同一個体からサンプリングした検体からは放射性セシウムは検出されなかったことから、これらの検査結果について検証を行ったところ、検査機関からの報告によると測定に使用した容器を包んでいたビニール袋から放射性セシウムが検出されたため、ビニール袋に放射性セシウムの粒子が付着した可能性があることが判明しました。
 これらのことから、3月31日(第19報)に暫定規制値を超過した天栄村の牛肉の結果については次のとおりとします。

試料の種類 セシウム-134(Bq/kg) セシウム-137(Bq/kg)
牛肉(もも肉) ND ND

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年4月 > 食品中の放射性物質の検査結果について(第29報)

ページの先頭へ戻る