ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年3月 > 福島第一原子力発電所付近の海水に含まれる放射性物質の濃度上昇への対応について



平成23年3月22日

医薬食品局食品安全部

(担当・内線)監視安全課長  加地(2471)

          道野、大原、今村(2495,4241,4242)

(電話代表) 03(5253)1111

(電話直通) 03(3595)2337

報道関係者各位


福島第一原子力発電所付近の海水に含まれる放射性物質の濃度上昇への対応について

(福島原子力発電所事故関連)


・東京電力(株)が、福島第一原子力発電所の放水口付近(南側)において、海水に含まれる放射性物質のサンプリング調査を行った結果、放射性物質が検出されたことから、念のため、茨城県及び千葉県に対し、沿岸の水産物についてのモニタリング検査について強化するよう要請しましたのでお知らせします。
 なお、福島県については、現在、周辺海域において漁業が再開される状況にはないとの報告を受けています。


厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年3月 > 福島第一原子力発電所付近の海水に含まれる放射性物質の濃度上昇への対応について

ページの先頭へ戻る