ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年2月 > 「24時間地域巡回型訪問サービスのあり方検討会」報告書の公表について



平成23年2月25日

老健局振興課

課長補佐    菊池 芳久(3932)

基準第一係長 岸   英二(3983)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通)    03(3595)2889

報道関係者各位


「24時間地域巡回型訪問サービスのあり方検討会」報告書の公表について


 標記について、別紙のとおり平成22年度老人保健健康増進等事業における調査研究事業により設置されました「24時間地域巡回型訪問サービスのあり方検討会」の議論についての報告書が、当該調査研究を実施する三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社より公表されましたのでお知らせします。

 本報告において示された提言や事業モデルのシミュレーション結果については、平成23年度予算(案)において12億円を計上している「24時間対応の定期巡回・随時対応サービス事業」(60市区町村で実施予定)の事業実施の参考とさせていただく予定としております。

 厚生労働省においては、今通常国会において介護保険法の改正案に「24時間対応の定期巡回・随時対応サービス」の創設を盛り込む予定としており、平成24年4月の新サービス創設・実施に向け、今通常国会の審議の内容、平成23年度予算(案)に計上しているモデル事業の実施状況、社会保障審議会介護給付費分科会における議論の内容等を踏まえ、サービスの位置付けや基準・介護報酬等について検討を進めていく予定としております。


                「24時間対応の定期巡回・随時対応型サービス」に関する検討スケジュール
                                  (イメージ)

(注)今後の国会の審議状況等により、下記については変更があり得る。                        


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年2月 > 「24時間地域巡回型訪問サービスのあり方検討会」報告書の公表について

ページの先頭へ戻る