ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年2月 > 「新人看護職員研修に関する検討会」報告書について



平成23年2月14日

医政局看護課看護サービス推進室

室長補佐 島田(4172)

看護研修推進係長  長谷川(4174)

(代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3595)2206

「新人看護職員研修に関する検討会」報告書について


 今般、「新人看護職員研修に関する検討会」(座長=石垣靖子・北海道医療大学 看護福祉学部 教授)において、報告書がとりまとめられましたので公表します。

 厚生労働省においては、新人看護職員の臨床実践能力の向上を図るため、新人看護職員研修の推進に向けた検討及び事業等を実施してきました。
 また、平成21年7月に保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律が改正され、新たに業務に従事する看護職員の臨床研修等が平成22年4月から努力義務化されました。
 こうした背景の中、平成21年4月より新人看護職員研修について検討を行い、8回にわたる議論の後、平成23年2月14日に報告書をとりまとめました。


報告書の主なポイントは、以下のとおりです。

1. 平成21年12月25日に中間まとめ及び新人看護職員研修ガイドライン(研修体制、到達目標等)を提示した。
2. 中間まとめののち、新人助産師についての到達目標等を作成し、新人看護職員研修ガイドラインに追加。
3. また、新人保健師については、新人看護職員研修ガイドライン〜保健師編〜を作成した。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年2月 > 「新人看護職員研修に関する検討会」報告書について

ページの先頭へ戻る