ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年1月 > 「平成22年度における施設入所児童等への特別支援事業」の一部改正について



平成23年1月14日

雇用均等・児童家庭局総務課

課長補佐 度会 哲賢(7819)

調整係長 村本 利成(7830)

(代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3595)2491

報道関係者 各位

「平成22年度における施設入所児童等への特別支援事業」の一部改正について

〜事業の対象に子どもへの貯蓄を可能としました〜


 児童福祉施設に入所する子ども等で、親がいないなどの理由により子ども手当の支給対象とならない子どもについては、平成22年度においては、都道府県に設置された安心こども基金により、子ども手当相当額の特別の支援(物品購入や旅行等)を実施していますが、この特別の支援について、施設関係者や地方公共団体等からの要望を踏まえ、子どもの将来のための貯蓄が可能となるよう関係通知を見直すとともに(別紙2,3)、施設長が子どもへの貯蓄を行う場合の取扱い及び貯蓄の管理等に関する事項(別紙4)を定めましたのでお知らせします。 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年1月 > 「平成22年度における施設入所児童等への特別支援事業」の一部改正について

ページの先頭へ戻る