ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年11月 > 「イクメンプロジェクト」第4回「イクメンの星」を選定



平成22年11月30日

雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課

課長 塚崎 裕子

課長補佐 森 奈美

(電話) 03-5253-1111(内線7854)

(夜間直通) 03-3595-3274

「イクメンプロジェクト」第4回「イクメンの星」を選定


 厚生労働省では、育児を積極的にする男性「イクメン」を広めるため、平成22年6月17日に「イクメンプロジェクト」をスタートしました。本プロジェクトは、働く男性が、育児をより積極的にすることや、育児休業を取得することができるよう、社会の気運を高めることを目的としたプロジェクトです。育児をすることが、自分自身だけでなく、家族、会社、社会に対しても良い影響を与えるというメッセージを社会に発信しています。
 今般、「イクメンプロジェクト」において、公式サイトで「イクメン宣言」をし、「育児休業・育児体験談」を投稿した方の中から、第4回「イクメンの星」を以下のとおり選定しました。子育てに関わってよかったことや苦労したこと等の体験談を紹介することで、キラキラと輝く子育ての魅力を広めたいと考えています。「イクメンの星」は今後も毎月選定することとしています。


 「イクメンの星」に選定された方々の育児休業・育児体験談は、公式サイトの特別コーナーにおいて紹介しています。

1 第4回「イクメンの星」に選定された方

○ 新田 龍さん (東京都)

2 選定対象

 平成22年9月15日〜平成22年10月14日の間に、「イクメンプロジェクト」公式サイトに「育児休業・育児体験談」を投稿した方39名

3 選定方法

 選定は「イクメンプロジェクト推進チーム」の厳正な審査により行いました。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年11月 > 「イクメンプロジェクト」第4回「イクメンの星」を選定

ページの先頭へ戻る