ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年11月 > 平成22年度高校・中学新卒者の就職内定状況等(平成22年9月末現在)について



平成22年11月16日

職業安定局派遣・有期労働対策部若年者雇用対策室

室長 久知良 俊二(5862)

室長補佐 伊藤 浩之(5333)

(電話代表) 03-5253-1111

(夜間直通) 03-3597-0331

平成22年度高校・中学新卒者の就職内定状況等(平成22年9月末現在)について

〜求人倍率は低下するものの、内定率は上昇〜


 厚生労働省では、平成23年3月高校・中学新卒者の求人・求職・就職内定状況(平成22年9月末現在)
を取りまとめました。その概要は次のとおりです。


〔高校新卒者〕(第1表)
 (1)就職内定者数は7万1千人(前年同期比7.2%増)であり、就職内定率は40.6%で、前年同期を3.0ポイント上回る。就職内定率を男女別に見ると、男子は46.3%(前年同期を3.7ポイント上回る)、女子は33.0%(前年同期を1.7ポイント上回る)。
 (2)求人数は15万1千人で、前年同期に比べ3.1%減少。
 (3)求職者数は17万5千人で、前年同期に比べ0.7%減少。
 (4)求人倍率は0.87倍となり、前年同期を0.02ポイント下回る。

〔中学新卒者〕(第2表)
 (1)求人数は7百人で、前年同期に比べ9.4%減少。
 (2)求職者数は2千3百人で、前年同期に比べ19.2%減少。
 (3)求人倍率は0.32倍となり、前年同期を0.04ポイント上回る。

【新規学校卒業者に対する就職支援の強化】
 厚生労働省では、新規学校卒業者の就職環境が厳しい状況となっている現状を踏まえ、「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」(平成22年9月10日閣議決定)に基づき、高卒就職ジョブサポーターを大幅に増員するとともに、積極的な求人開拓、個別支援を行う等により、新規学校卒業者の就職支援を強化することとしています。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年11月 > 平成22年度高校・中学新卒者の就職内定状況等(平成22年9月末現在)について

ページの先頭へ戻る