ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年10月 > 小麦加水分解物を含有する医薬部外品・化粧品による全身性アレルギーの発症について



平成22年10月15日

医薬食品局安全対策課

(担当・内線)野村(2752)

        石黒(2754)

( 代表電話 ) 03(5253)1111

(ダイヤルイン) 03(3595)2435

報道関係者各位


小麦加水分解物を含有する医薬部外品・化粧品による全身性アレルギーの発症について


 最近、小麦を加水分解した成分を含有した製品の使用者において、小麦含有食品を摂取してその後に運動した際に全身性のアレルギーを発症した事例が報告されました。このような「運動誘発性のアレルギー」は、食品で発生することがありますが、化粧品等での事例はこれまでによく知られていないため、小麦加水分解物を含有する化粧品等の製造販売業者に対し、使用者への注意喚起、運動誘発性のアレルギーに関する副作用報告の徹底等について、本日付で通知を発出いたしましたのでお知らせいたします。


平成22年10月15日付け薬食安発1015第2号・薬食審査発1015第13号
厚生労働省医薬食品局安全対策課長・審査管理課長連名通知

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年10月 > 小麦加水分解物を含有する医薬部外品・化粧品による全身性アレルギーの発症について

ページの先頭へ戻る