ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 戦没者慰霊事業のお知らせ



平成22年9月30日

社会・援護局援護企画課外事室

室長補佐 阿部(3475)

室長補佐 皆川(3457)

室長補佐 浅見(3464)

(TEL(代)) 03(5253)1111

(TEL(直)) 03(3595)2469

(FAX) 03(3503)2667

報道関係者各位


戦没者慰霊事業のお知らせ


平成22年10月実施予定の戦没者慰霊事業について、次のとおりお知らせします。


1.遺骨帰還
(1)沖縄遺骨収容

   派遣期間:平成22年10月4日(月)から10月15日(金)まで(別紙1)
   実施地域:沖縄県那覇市真嘉比地区、浦添市経塚地区
   派遣人員:2名(厚生労働省職員)

(2)第2次硫黄島遺骨収容・調査

   派遣期間:平成22年10月6日(水)から10月22日(金)まで(別紙2)
   実施地域:東京都小笠原村硫黄島(別紙3)
   派遣人員:18名(厚生労働省職員4名、民間協力者14名)他自衛隊員等
        (注)民間協力者として、財団法人日本遺族会、硫黄島協会、旧島民の会、NPO法人JYMA日本青年遺骨収集団が参加

(3)フィリピン遺骨帰還

   派遣期間:平成22年10月21日(木)から11月5日(金)まで(別紙4)
   実施地域:フィリピン共和国ルソン島、レイテ島、ミンダナオ島、ネグロス島(別紙5)
   派遣人員:9名(厚生労働省職員3名、民間協力者6名)
        (注)民間協力者として、財団法人日本遺族会、NPO法人空援隊、NPO法人JYMA日本青年遺骨収集団が参加

2.慰霊巡拝
 インドネシア慰霊巡拝

   派遣期間:平成22年10月22日(金)〜10月30日(土)まで(別紙6)
   実施地域:インドネシア共和国ジャヤプラ、マノクワリ、スマラン、タラカン島、ビアク島(別紙7)
   参加遺族:21名(1班14名、2班7名)

3.平成22年7月から9月までに実施した遺骨帰還による収容遺骨数
(1)フィリピン遺骨帰還応急派遣

   平成22年6月20日(日)から7月9日(金)まで実施   2,191柱

(2)サハリン(樺太)戦没者遺骨受領

   平成22年7月24日(土)から7月29日(木)まで実施      4柱

(3)ロシア連邦ハバロフスク地方遺骨帰還応急派遣

   平成22年7月23日(金)から8月6日(金)まで実施      18柱

(4)ロシア連邦ザバイカル地方遺骨帰還応急派遣

   平成22年7月23日(金)から8月6日(金)まで実施      40柱

(5)フィリピン遺骨帰還応急派遣

   平成22年8月18日(水)から8月25日(水)まで実施  1,638柱

(6)ロシア連邦ハバロフスク地方遺骨帰還

   平成22年8月12日(木)から8月30日(月)まで実施     37柱

(7)アメリカ東海岸遺骨受領

   平成22年8月25日(水)から9月1日(水)まで実施       3柱

(8)グアム遺骨受領

   平成22年8月28日(土)から9月3日(金)まで実施       8柱

(9)モンゴル(ノモンハン事件)戦没者遺骨調査

   平成22年8月22日(日)から9月6日(月)まで実施      14柱

(10)ロシア連邦沿海地方遺骨帰還

   平成22年8月29日(日)から9月17日(金)まで実施    119柱

(11)フィリピン遺骨帰還応急派遣

   平成22年9月20日(月)から9月28日(火)まで実施  2,460柱

3.参考(別紙8)

 (1)過去五年間の収容遺骨数
 (2)戦没者遺骨のDNA鑑定状況

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 戦没者慰霊事業のお知らせ

ページの先頭へ戻る