ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 「知って役立つ労働法」〜働くときに必要な基礎知識〜を作成しました



平成22年9月15日

政策統括官(労働担当)付

労働政策担当参事官室

参事官   酒光一章(7721)

室長補佐 田尻智幸(7726)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3502)6726

「知って役立つ労働法」〜働くときに必要な基礎知識〜を作成しました

―就職を控えた学生、若者向けのわかりやすい労働法のハンドブック―


 厚生労働省では、このたび、就職を控えた学生や若者が働くときに知っておくべき労働法を学ぶ上で、役に立つハンドブックとして「知って役立つ労働法〜働くときに必要な基礎知識〜」を作成しました。

 本ハンドブックは、平成21年2月に「今後の労働関係法制度をめぐる教育の在り方に関する研究会報告書」(座長 佐藤博樹東京大学社会科学研究所教授)の中で「労働関係法制度を知ることは、労働者・使用者双方にとって不可欠であり、わかりやすさを最優先にしたハンドブック等を作成・配布するといった取組を強化すべき」という指摘を受けたことを踏まえて作成したものです。


【「知って役立つ労働法」の主な特徴】

○就職を控えた大学生や社会人に限らず、高校生や様々な人が理解できるように、分かりやすさを重視して作成しました。
○労働法の全体像を把握できるよう、労働に関する幅広い分野や法律をカバーしています。
○作成に当たっては、労使団体や学識経験者、NPO法人などから幅広いアドバイスを得て、内容を充実させています。

 「知って役立つ労働法」は、印刷版のほか、学生、学校関係者、労使団体、NPO等のみなさんが幅広く利用できるようホームページにPDF版を掲載し、ダウンロードして自由に使えるように提供します。また、学生職業センターにおける大学生の支援等、様々な場面で活用を図っていくとともに、全国の大学・短期大学にも送付します。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年9月 > 「知って役立つ労働法」〜働くときに必要な基礎知識〜を作成しました

ページの先頭へ戻る