ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年8月 > 平成23年度 第65回「児童福祉週間」標語の募集について



平成22年8月19日

雇用均等・児童家庭局育成環境課

課長補佐 都甲 太(7902)

専門官 斉藤 晴美(7905)

(電話代表) 03-5253-1111

(夜間直通) 03-3595-2505

(F  A  X) 03-3595-2672

報道関係者各位


平成23年度 第65回「児童福祉週間」標語の募集について


 すべての子どもが個性豊かに、たくましく育っていけるような環境・社会を目指し、政府と民間団体が、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めています。
 児童福祉週間には、博物館や科学館の入場料を減免したり、子ども向けイベントや子育て応援イベントを開催するなどして、国民全体で子どもの健やかな成長を考えようという取り組みが各地で開かれます。
 この児童福祉週間の平成23年度の標語を募集します。


 
1.募集内容
〈標語の内容〉元気で頑張る子どもたちへの応援や、子どもたちからの未来へのメッセージ

〈応募資格〉どなたでも応募できます。

〈応募上の注意〉自身で創作した未発表の作品に限ります。応募作品は返却しません。

〈応募方法〉(1)はがき、封書またはファクシミリによる応募
       1人何点でも応募できますが、はがき1枚またはファクシミリ用紙1枚につき1作品のみ記入して下さい。封書の場合も、用紙1枚につ
       き1作品のみ記入して下さい(複数同封は可)。
       応募に当たっては、用紙ごとに郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、年齢、職業、電話番号を必ず記入して下さい。
       作品は応募先に直接持ち込んでいただいてもかまいません。

       (2)インターネットによる応募
       (財)こども未来財団のホームページ内に「応募フォーム」があります。
       氏名などの必須事項を入力し、送信して下さい。
       1人何点でも応募できますが、1回につき1作品しか入力できません。
      (複数応募する場合には、標語毎にフォームに入力し、送信して下さい)

〈応募先〉〒105-0003 東京都港区西新橋3-3-1西新橋TSヒ゛ル8F
        (財)こども未来財団「標語募集」係宛
      ファクシミリ番号:03−6402−4830
      ホームヘ゜ーシ゛:http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/

〈著作権〉著作権は、主催者に帰属します。

〈その他〉応募者の個人情報は主催者が管理し、標語募集事業運営の目的以外に使用することはありません。

    (参考:過去5年の最優秀作)
        平成22年度 地球はね 笑顔がつまった 星なんだ
        平成21年度 ありがとう つたわるこころが うれしいよ
        平成20年度 つたわるよ めとめをあわせて はなしたら
        平成19年度 見つけよう みんながもってる いいところ
        平成18年度 大切だよ 信らいすること されること

2.応募期間
 平成22年9月1日(水) 〜 10月15日(金)(※郵送の場合、当日消印有効)

3.選定方法
 主催者による選定委員会が入選作を選び、うち1点を最優秀作(厚生労働大臣賞)として選定します。

4.発表
 厚生労働省ホームページ(報道発表資料)、(財)こども未来財団ホームページ上にて平成22年11月下旬に発表する予定です。入賞者には主催者から直接ご連絡します。

5.表彰
 最優秀作の受賞者には、児童福祉週間のメイン行事「こいのぼり掲揚式」で賞状、賞品および記念品を贈呈します。

6.標語の活用
 最優秀作は、児童福祉週間のほか全国各地で行う広報・啓発活動で幅広く活用します。

7.主催者
 厚生労働省、(社福)全国社会福祉協議会、(財)こども未来財団

8.事務局
(財)こども未来財団 調査研究部調査研究課
   TEL:03-6402-4825  FAX:03-6402-4830



(別紙)チラシ「平成23年度 児童福祉週間標語募集」

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年8月 > 平成23年度 第65回「児童福祉週間」標語の募集について

ページの先頭へ戻る