ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年7月 > 平成22年度全国労働衛生週間の実施について



平成22年7月26日

労働基準局安全衛生部労働衛生課

課長 鈴木 幸雄(5490)

調査官 毛利 正(5497)

(電話代表) 03(5253)1111

(FAX) 03(3502)1598

平成22年度全国労働衛生週間の実施について

〜10月1日から7日まで〜


平成22年度スローガン
「心の健康維持・増進 全員参加でメンタルヘルス」

 全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善等の労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康の確保等を図ることを目的に行われています。昭和25年の実施以来、本年で61回目です。
 毎年10月1日から10月7日までを本週間、9月1日から9月30日までを準備期間とし、それぞれの職場でさまざまな取り組みを展開することとしています。


<平成22年度スローガンの趣旨>

 近年、過重労働による健康障害やメンタルヘルス不調などの健康問題が重要な課題となっています。これを踏まえ、職場のトップ、管理監督者、産業保健スタッフ、労働者がそれぞれの立場で心の健康の維持・増進に取り組み、労働者の心の健康が確保された職場の実現を目指すことを表しています。
 本年5月に行われた一般公募作品の中から選考し、決定しました。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年7月 > 平成22年度全国労働衛生週間の実施について

ページの先頭へ戻る