ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年5月 > 「新卒者体験雇用事業」の拡充について



平成22年5月21日

職業安定局若年者雇用対策室

室長 田中 佐智子

室長補佐 生方  勝

(電話代表) 03-5253-1111(5332)

(夜間直通) 03-3597-0331

(FAX) 03-3502-0516

「新卒者体験雇用事業」の拡充について

〜未就職卒業者のための「新卒者体験雇用事業」を拡充します〜


厚生労働省では、卒業後も就職活動を継続中の新規学卒者の方(平成22年3月卒)の1日でも早い就職を実現するため、「新卒者体験雇用事業」を拡充することとしました。その概要は次のとおりです。


○ 事業概要
学卒未就職者を対象とした体験雇用(有期雇用)の機会を設けることにより、未就職卒業者の希望職種の選択肢を広げるとともに、求職者と事業主の相互理解を深め、その後の正規雇用への移行を促進することを目的として、新卒者体験雇用奨励金を事業主に支給。

○ 対象者
卒業後も就職活動を継続中の大学生・高校生等(平成22年3月卒)
※ハローワークへの求職申し込みをしている方

○ 改正内容
1.体験雇用の期間(現行は1か月)を最長3か月まで実施可能とする。
2.新卒者体験奨励金(現行は8万円)を最大16万円支給する(最初の1か月は8万円、2か月目及び3か月目は1か月につき4万円を支給)。

○ 改正の施行日
平成22年6月7日

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年5月 > 「新卒者体験雇用事業」の拡充について

ページの先頭へ戻る