ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年4月 > 腸管出血性大腸菌O157による広域散発食中毒対策について



平成22年4月20日

医薬食品局食品安全部監視安全課

課長補佐 鶴身(2477)

山本(2478)

食中毒被害情報管理室 室長補佐 田中(4239)

(代表) 03−5253−1111

報道関係者各位


腸管出血性大腸菌O157による広域散発食中毒対策について


薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会食中毒部会における意見を踏まえ*1、標記食中毒の対策について都道府県等あて通知しましたので、お知らせします。
 【主な対策】
・食肉処理施設等においては、衛生管理基準を遵守するとともに、結着及び漬け込み肉等*2については微生物管理を徹底。
・飲食店等において、結着及び漬け込み肉等を加熱調理して提供する場合は、中心部を75℃1分以上の加熱調理の徹底、また、客が自ら加熱調理を行う場合は、必要な加熱を行うための具体的な方法の提供と交差汚染の注意喚起。
・食中毒調査において、初動調査の迅速化と調査結果に基づく被害拡大防止のための対応。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年4月 > 腸管出血性大腸菌O157による広域散発食中毒対策について

ページの先頭へ戻る