ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年4月 > 韓国出身戦没者遺骨の還送について



平成22年4月8日

社会・援護局援護企画課外事室

室長補佐 浅 見(3464)

班   長 松 井(4511)

(TEL(直)) 03−3595−2469

(TEL(代)) 03−5253−1111

報道関係者各位


韓国出身戦没者遺骨の還送について


 厚生労働省が祐天寺(目黒区中目黒)に預託している朝鮮半島出身戦没者遺骨のうち219柱について、この度遺骨を還送することになりましたのでお知らせします。  なお、遺骨の還送に先立って、別紙要領1により追悼式を行うこととしています。  追悼式につきましては取材が可能であり、希望される方は別紙要領2に従い申込書を提出してください。  また、追悼式には別紙要領3のとおり、一般参列者の公募をホームページにより行うこととしております。


(参考)

 平成17年5月から日韓協議を開催して祐天寺に保管している遺骨の返還に向けた調整を行ってきた結果、平成20年1月に第1次分として101柱、11月に第2次分として59柱、平成21年7月に第3次分として44柱(合計204柱)の遺骨を返還した。これまでは、氏名の判明した遺骨のみ返還していたところ、日韓で協議が整ったことから、今回は、氏名の判明していない遺骨も含め返還するもの。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年4月 > 韓国出身戦没者遺骨の還送について

ページの先頭へ戻る