ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年3月 > 平成22年度における肝炎医療費助成の拡充について



平成22年3月25日

 健康局疾病対策課肝炎対策推進室

(担当)

 室長補佐 今別府

 専門官   丸本

 主査    森田

(代表電話) 03(5253)1111

平成22年度における肝炎医療費助成の拡充について

〜肝炎治療特別促進事業の一部変更〜


 標記事業については、肝炎総合対策に掲げる主要な施策の一つとして、平成20年度から実施しているところです。
 今般、平成22年度予算の成立を受け、肝炎の早期・適切な治療を一層推進するため、昨年11月に成立した肝炎対策基本法、及び、肝炎治療戦略会議においてまとめられた最新の医学的知見等を踏まえ、別紙のとおり肝炎医療費助成の拡充を行うこととし、本年4月1日から適用することとしましたので、お知らせします。
 ※ 申請手続き等の詳細については、お住まいの都道府県にお尋ねください。

<ポイント>

   平成22年度からの肝炎医療費助成の変更点について

1.自己負担限度額(月額)の引下げ

  (所得に応じ、1、3、5万円 → 原則 1万円 [上位所得階層2万円])

2.助成対象医療の拡大

  (インターフェロン治療 → インターフェロン治療、核酸アナログ製剤治療)

3.インターフェロン治療に係る制度利用回数の制限緩和

  (1人1回のみ → 医学的に再治療が有効と認められる者について、2回目の利用を認める。)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2010年3月 > 平成22年度における肝炎医療費助成の拡充について

ページの先頭へ戻る